こんにちは、管理人MUMUです。

本日は就職活動にはどれぐらい必要になるかをお伝えしたいと思います。

簡単にご質問しますが、就職活動において資格の締める割合はどのぐらいなると考えますか?

この答えは、100%です。

正確にいうと、その資格がなければ就職出来ないという事であれば、

なければ、就職は出来ないという事になります。

これは、重要というより、もはや必須というべきでしょう。

ただし、資格が必要ない場合は、就職活動においては必須ではない為、

重要度は下がります。

割合としては、経歴50%、やる気30%、資格20%の割合ではないでしょうか。

就職活動のゴール地点は、採用に通る事が重要です。

志望動機一つにしてもそうですが、いかに採用担当者にアピールが出来るか。

具体的に自分の経歴を伝える事が出来るのかが大事です。

もちろん、人間性の部分も大事です。

ただ、書類選考の場合、記載された書面のみを判断します。

その為、書類に記載されている内容が良い物であればあるほど、

就職活動は成功しやすいのです。

そこを考えると、記載書面の中にたくさんの資格があれば、

それは、努力家の皆さんをアピールできる良いチャンスになります。

つまり、資格は選考の上では20%ですが、総合的に評価する時には

50%を超えてくるぐらい重要な位置づけになる為、

ぜひ、資格の取得にチャレンジしてみてください。

ちなみに、私は日商簿記3級の試験をおすすめしています。

それは、適度に努力が必要で、努力の分だけ合格しやすい試験だからです。

前回の記事でも記載しましたが、通信教育ならクレアールがおススメです。

クレアール簿記検定講座
科学的・合理的・経済的に日商簿記検定試験の合格が目指せます!詳しい資料を無料で急送します。

後は、資格スクール大栄が良いです。前回記事に私の感想を掲載しております。

資格スクール大栄

その上、社内での査定にもなりやすい資格なので、ぜひチャレンジしてみてください。

カテゴリー: 未分類

下のボタンをポチッと押してください。

にほんブログ村 資格ブログ 簿記検定へ
にほんブログ村

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です